成田朱希 Aki Narita

ドローイング パークホテル東京 リビンググッズ

フェイスワサラ Face Wasara Plate

Regular Price
¥11,000
Sale Price
¥11,000
Regular Price
Sold Out
Unit Price
translation missing: ja.general.accessibility.unit_price_separator 
Blue and face

パークホテル東京(汐留)にて圧倒的な迫力と美しさのアーティストルーム「芸者金魚」を手掛けた成田朱希による作品。

日本古来の和紙で作られた銘々皿に淡い色調の繊細なドローイング。

この和皿に干菓子を乗せ抹茶を添えて客を持て成したら、そのセンスに一目置かれるようになることと思います。

サイズ:11×11㎝

和紙銘々皿にカラードローイング(和紙を張り合わせた紙皿に防水補強した伝統工芸品。)
Color drawing on plate.

A traditional craft made of paper plates laminated with Japanese paper and reinforced with waterproofing.

商品コード : 2009-18 -123 2009-18 -123 2009-18 -123 2009-18 -123 2009-18 -123 2009-18 -123

作家情報

成田朱希 Aki Narita

1966 青森生まれ。幼少時から漫画、絵本等を手本に独学で絵を描き始め、人形作家の兄の影響で文学・画集を見るようになる。二十歳頃青森から上京、美術評論家ヨシダヨシエ等と出会い「画家」として歩み始め、その後も細江英公、秋山祐徳太子、平賀敬、工藤哲巳など大御所アーティスト達と二十代から交流、芸術の質を高めている。
現在、個展・企画展・挿画等で作品を発表している。

1966 Born in Aomori, Japan. Self-taught artist who began drawing pictures from manga and picture books at a young age, and began looking at literature and art books under the influence of her older brother, a doll artist. Moved from Aomori to Tokyo around the age of 20.

She started out as an artist after meeting the art critic Yoshie Yoshida and others. Since his twenties, she often interacted with great masters like Eikoh Hosoe, Yūtokutaishi Akiyama, Takashi Hiraga and Akirami Kudo, and raised the standard of art. Currently, he displays his works in private exhibitions, special exhibitions, and illustrations.

装丁・挿画の仕事・・・『ミッドナイト・コール/上野千鶴子著』、『玩物草子/澁澤龍彦著』朝日新聞社、『或る酒場/萩原葉子著』毎日新聞社、『妄想老人日記/野坂昭如』新潮社、『棟居刑事の凶縁/森村誠一』双葉社など多数。

1987 初個展(東京)
2000 从展(東京都美術館)出品(以後、毎年出品)
2005 「浮世絵と花魁展」(羽黒洞)、『線描画作品集』出版(日本芸術出版)
2008 「Asia Top Gallery Hotel Art Fair 08」(ホテルニューオータニ/東京)
2010 「成田朱希個展”母のない子のように”」(不忍画廊)
2011 「猫まみれ~ようこそ猫の迷宮へ~」(山形美術館、笠間日動美術館)
2014 「成田朱希個展“HYSTERIA”」 (不忍画廊)

 



芸者金魚 Geisha Goldfish
Aki Narita