中嶋修 Osamu Nakajima

シリーズ「横浜にぎわい座 百景」第五弾

Regular Price
¥22,000
Sale Price
¥22,000
Regular Price
Sold Out
Unit Price
translation missing: ja.general.accessibility.unit_price_separator 

Tax included. Shipping calculated at checkout.

スタイル その弐拾五「三味線漫談」

パークホテル東京ではアーティストルーム「日本人」を手がけている作者のライフワーク的作品群「横浜にぎわい座 百景」。

第5弾の6作品を掲載致します。

銅版画(エッチング・アクアチント)
イメージサイズ 150×113mm

その弐拾五「三味線漫談」
粋だね、気風がいいね。そんな言葉がそのまま伝わってくる高座。三平師匠の出
囃子。志ん生師匠の出囃子。円歌師匠の出囃子などなど。色々が三味線から紡ぎ
出される。
三味線漫談 / 三遊亭小円歌
〆は踊って。「かっぽれ」

その弐拾六「終演後」
午後 2 時から開演する「落語会」は 4 時から 5 時の間で緞帳が下りて終演となる。入場時に渡されたチラシの中にアンケートが入っていて、みんなが書いてくれるというものではないが、演者やスタッフはこれを大切にこれからの参考にする。 客席に残っていると片付けの邪魔になる感じがあるのか、会場前のフロアの席で一生懸命文章を連ねている人がいる。演者を身近に感じる高座演芸の醍醐味のひとつかな。

その弐拾七「浪曲」
浅草の木馬亭のように浪曲たっぷりという高座もある。「横浜にぎわい座東西浪曲特選」。東家浦太郎「野狐三次木ノ端売り」。口演台にそれぞれのご贔屓からの幕がかかりきれいに高座を飾っている。「杮落としから今日が 3 度目の横浜にぎわい座です。浦太郎になって早いもので 15年経ちました‥‥」
三味線は客席からは姿が見えず、なぜかマイクだけが見える。曲師は伊丹秀敏。

その弐拾八「古典落語」
古典落語の中には、一休さんのとんち話のような微笑ましい物語が多い。年長者が
若い者に知ったかぶりして見栄を張る、そんなご隠居たちが実際たくさんいたんだろう
なと想像に難くない「転失気」。 下品といえば下品なのだが、春風亭昇也さん前座ネ
タとしてさらりと演じて次に演者へとつなぐ。

その弐拾九「古典落語」
親子代々高座に上がっている演者は多くいて、桂三木男さんもその一人で 2 世タレントの話題をマクラに噺に持っていくことも多い。客席もそれを楽しみにしているのがわかっているのでしょう。
今日のネタは「新聞記事」、上方の「阿弥陀池」といったところか。「てんぷらやのかみさんだ。すぐに衣をつけたよ。‥‥」

その参拾「浪曲」
浪曲師、太田ももこ「壺坂霊験記」。 浪曲師の東西競演は演者が変わるたびに緞帳
が下りて、それぞれの幕がカラフルに変わって、観ていてキレイ なのです。浪曲のどんど
ん噺が畳み込まれてくる感じ。楽しいのです。「壺坂で、妻と夫が手を取ってかわす笑顔
に春の風‥‥。」

シートのみの価格となっております。

額装をご希望の方は別ページにてご購入下さい。

商品コード : 1023-19-214-1 1023-19-214-2 1023-19-214-3 1023-19-214-4 1023-19-214-5 1023-19-214-6